TLMソリューションは、電子的に取得したNAVデータについて、その種類や量の如何を問わず対応します。
取込まれたデータはユーザが定義したルールに基づき、システム内部で振り分け等の必要な処理が施されます。その結果業界標準のNAVリコンシリエーション手法に基づいたリコンシリエーション処理を実現することができます。 

TLMは証券取引、資産と負債、キャッシュなどのさまざまなリコンシリエーションを一元的に管理するため、ファンド管理における透明性が高まります。人手に頼った処理をなくすことで、人的ミスやそれに伴うリスクを減らします。また、顧客向けの正式な報告書の作成も可能になります。 

事前に設定したトレランス(許容範囲額)を超える差分が発生した場合、原因究明のため例外アイテムが自動的に検出されます。
TLMは高いマッチング率を達成するよう設計されており、日常の業務効率や金融リコンシリエーションの処理効率の向上に貢献します。その結果、企業は不一致等の例外処理作業に、より多くの時間を割り当てることができます。